2007年01月07日

ほん『冷静と情熱のあいだ Rosso』

ゆうにゃのへやで作品の詳細を見る

ジュエリー店で仕事をして、休みには好きな時間にお風呂に入ったり本を読んだり。時に映画をみたりして素敵な恋人と日々を過ごす。一見充実した毎日を送っているように見えるけど、ただ同じ毎日を繰り返しているだけ。

!ここからネタバレ注意!


それによって、時たま見せる順正への想いがとても情熱的に思えた。
”目がさめると、うすく寝汗をかいていた。体温の高いマーヴに足をからめて眠っていたせいかもしれない。うすく寝汗をかいて、それでもこまかくふるえていた。あの部屋は寒かったから。”というような情景がすれちがいを思わせて。
順正から手紙が届いて。
約束の日が近づくにつれて想いが傾いていくのが分かる。
そして、再び出会えて情熱的にお互いの愛を確かめ合うのに・・・。相手の性格を知っていて引き止めてもらえないのが辛いんだけど、自分からは言い出せなくて。そんなもどかしさだったり、本当に想う相手と結ばれないのがとてもせつなく感じた。
posted by ゆうにゃ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ほん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17202795

この記事へのトラックバック