2007年08月26日

げーむ『ゼルダの伝説 夢幻の砂時計』

ゆうにゃのへやで作品の詳細を見る

DSの特性をフルに活用した、まさに真骨頂というような。
ボタンを押すだけのゲームがつまらなくなってしまうのではないか、という不安を抱きつつも・・・おもしろい。
画面をタッチするということは、言うまでもなく。
息を吹きかけたり、DSの特殊な形状を利用したからくりがあったり・・・。
感覚でプレイしてる感じ。

ゼルダの伝説というと、その雰囲気がなんとなく肌に合わない感じがしてて、おいらはやらず嫌いだったけど、操作感覚が楽しそうだったからやってみようと思ったのだ。
いざ、やってみると愛着の持てるキャラクター達で、物語も笑いあり感動ありという文句の付けどころが無い心に残る一作だな。
posted by ゆうにゃ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | げーむ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17207216

この記事へのトラックバック