2007年12月18日

マーシュのあまずっぱ〜い記憶

げーむ『英語を食べる不思議な生き物Marsh(マーシュ)』
ゆうにゃのへやで作品の詳細を見る

最初は考えて文章作ってたけど、後半は手当たり次第作っちゃってたよ^^;
でも部屋だとそうはいかなくて難しい。

マーシュの言ってることに対してどう答えるか質問するか、というのがかぎとなる。
マーシュが全ての記憶を取り戻したら、最後の質問・・・。
そしてマーシュの正体が明らかになる。

!ここからネタバレ注意!


「キミとはこれでお別れになるかもしれないけど」
って言われた時はちょっと答える手が止まってしまったな。

語られたのは、少年のある女の子への淡い想い。
アメリカ人の父をもつ少年は、母の故郷である沖縄で住むことになった。
そこで女の子と出会い、言葉は通じないけれど一緒にいるうちに心が通じ合ったように思えた。
彼女の名前を知らないってことに気付いて名前を聞こうということにわくわくする、純粋な想い。
いいね!
でもお父さんの仕事の都合で沖縄を離れなくてはいけなくなって・・・。

寂しいな・・、やりきれない想いがこもった言葉がマーシュとなってマヤと出会うことになったのか。
記憶を語ったマーシュがその女の子に会いにいったのか、いなくなってしまって・・あの、
がら〜〜んとした部屋はすごい寂しかったなぁ。

だけどセーブしたあとでも、また部屋にはマーシュが・・^^
あとは4コマとココアエンディングだな。
posted by ゆうにゃ at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | げーむ
この記事へのコメント
突然訪問します失礼しました。あなたのブログはとてもすばらしいです、本当に感心しました!
Posted by フェラガモ 靴 at 2013年04月17日 15:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17208985

この記事へのトラックバック