2007年02月11日

おんがく『THE BRINK OF TIME』

ゆうにゃのへやで作品の詳細を見る

おいらが初めて買ったアルバム。クロノ・トリガーやって音楽がすごくいいなぁと思って。
サントラ買おうと思ってたんだけど、間違えて買った。ジャケットはクロノっぽくないのに、どうしたら間違えられるんだと思われるかもしれないけど・・・^^;
とにかく間違えたのだ。そう、確かに外見からではクロノは想像できない。
でもあの絵?写真?は妙な存在感を発し、魅了されたおいらはいつの間にか買っていたのだ。それがお気に入りである理由の一つだな♪

やっぱりこのアルバムは、光田康典さんの最高傑作といっていいんじゃないだろうか。
曲の良さは言うに及ばす、順番がものすごくいい。ぜひ、シャッフルなどしないで頭から聴いてほしい。
きっと聴き終わるころには、穏やかで和やかな気持ちになっていると思う・・・とゆうか、眠ってるw
優しい曲だけじゃなく激しい曲もあり一つ一つの曲はもちろん個々のものだけど、聴いていくうちに頭の中で調和していって。
それがとてつもなく心地よいハーモニーを生み出すのだ。
そして最後の曲の歌声を聴いてるころには完全に・・・zzz
posted by ゆうにゃ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おんがく
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17286005

この記事へのトラックバック